【冷蔵庫は禁止!!】など、海ぶどうがしぼんでしまう3つのパターンとは?

こんにちは、海ぶどう琉海です!!7月に入った今日の沖縄は台風の影響で曇りのち雨で、蒸し暑いです。

さて、今回のタイトルにあるように、海ぶどうがしぼんでしまう3つのパターンについて書いていきます。

 

3つのパターンを実際に試しました。写真付きで結果をのせておりますので見ておいてください。

 

海ぶどうを購入しようと考えている方は読んでおいた方が良いと思います!!

では、早速書いていきますね!!

 

海ぶどうがしぼんでしまう3つのパターンとは?

海ぶどうがしぼんでしまうパターンとは

『直射日光』にあてる

『冷蔵庫』に入れる

『冷凍庫』に入れる

この3つです。

 

そして、海ぶどうを取り扱う時に覚えておくべきなのが、『しぼんでしまう状況』です。次の3つのパターンに気を付けて、海ぶどうを購入した後にしぼませてしまうという残念な結果にならないようにしたいですよね。

しぼませてしまう前に、海ぶどうがしぼんでしまった様子を見ていってください。アナタの頭の中にイメージを植え付けましょう!!

パターン1.『直射日光』に当てる

僕は海ぶどうを直射日光にあてる実験をしてみました。

気温31度の太陽がカンカンにあたる所に海ぶどう1パックを1時間置いてみました。

ビフォーとアフターをご覧ください!!

 

【ビフォー↓↓】

 

【アフター↓↓】

1時間後は、全体的にしぼんでおりました。そして、触ってみると海ぶどうのみずみずしさは失われ、ふにゃふにゃになっていました。

 

 

パターン2.冷蔵庫に入れる

海ぶどうを、気温3℃の冷蔵庫に1時間入れてみました。

 

 

【ビフォー↓↓】

 

 

【アフター↓↓】

冷蔵庫に入れる前と比べてダラーンとしていますね。やはりしぼんでしまっています。

 

パターン3.冷凍庫に入れる

最後に冷凍庫に入れてみました。肉や魚などは冷凍保存かできますが、海ぶどうはどうでしょう?1時間冷凍庫に入れてみました。

 

【ビフォー↓↓】

粒にハリがあってみずみずしいです。

 

 

【アフター↓↓】

 

 

見事に凍っていますね3枚目の画像では1つのカタマリになっています!!

そして、次の画像は海ぶどうを解凍したものです。

 

【冷凍後に解凍した海ぶどう↓↓】

海ぶどうが再びハリを取り戻すことはありませんでした。。。残念です。

 

 

 

 

 

まとめ

海ぶどうがしぼんでしまうパターンを写真で見られたと思います。

しぼんでしまうパターン3つは『直射日光』『冷蔵庫』『冷凍庫』ことです。

しぼんでしまわせないようにしましょう!!

 

常温(15℃~27℃)の所に置いておけばしぼむことはほとんど無いので安心してください。

しかし、賞味期限は1週間ほどで、生ものですので手元に届いたらお早めに召し上がり下さいね。

ありがとうございました。