沖縄北部でも海ぶどうが作られています。場所は本部町です!

皆さん。こんにちは!海ぶどう琉海です。琉海はそのまま『りゅうかい』と覚えてください!

沖縄で有名な食べ物の一つ、『海ぶどう』が沖縄北部の本部町で作られています。

コバルトブルーの海から作られる海ぶどうが本部町でも味わえるのです。

今回は皆さんに本部町の事を少しでも知ってもらうため、本部町の魅力を紹介していきたいと思います。

どんな町でどんな環境で海ぶどうが作られているのか?イメージしてもらえたら嬉しいです。

では早速本部町の魅力を紹介していきたいと思います!!

 

太陽と海と緑、観光文化の町 本部町をご紹介

 

本部町の位置

沖縄本島北部東シナ海に突出した本部半島の西半を占め瀬底、水納、両離島を含む、東北部は今帰仁村に面し、西方海上には伊江島、北方海上には伊是名、伊平屋、の両島を望み南東部には名護市に接しています。

本部港は北部の拠点航路となっており、日本本土及び周辺への発着港となっております。
引用元:本部町観光協会

地図にすると本部町はここにあります!!

県内北部のピョッと飛び出た部分に本部町はあるんです。

 

 

では続いて、本部町にはどんな観光スポットがあるのか?定番スポットを3つご紹介します。

 

夕日・緑』美しい緑のトンネル備瀬のフクギ並木へ行こう!

本部町備瀬では森林浴を楽しむことが出来ます。その名も『フクギ並木』。フクギとは木の名前の事で、備瀬にはフクギの木がおよそ1kmにわたって植林されており、まさに木のトンネルを楽しむことが出来ます。

フクギ並木を回るには歩きでも良いですが、サイクリングもオススメです。フクギ並木入り口にはレンタサイクルがあり、1時間で大人500円、子供は300円でした。

駐車場は無料のものと有料のものがあります。場所は入り口と、入り口から1kmほどの位置の備瀬崎にあり、備瀬崎にある有料駐車場は1日500円です。

それと、備瀬崎ではシュノーケリングも楽しめます。ブルーフィッシュやサンゴ、ウニなどの色々いて楽しいですよ♪

ぜひ、いちど訪れてみてくださいね。

 

海洋博公園で沖縄の海と緑を体験できる!

沖縄で観光スポットとして最も有名なのが海洋博公園ではないでしょうか。その海洋博公園があるのはここ本部町なんですね。

海洋博公園には美ら海水族館もあるし、熱帯ドリームセンターという亜熱帯植物を観賞できる施設もあります。沖縄の『海』と『緑(植物)』両方の沖縄の自然を楽しめるので行ってみるべきですよ!!

他にも園内ではイルカショーやエメラルドビーチ、遊具ゾーン、海岸沿いから見える海の景色など、大人から子供まで楽しめます。

食事場所は園内に数か所あります。しかも、それぞれのプレイスポットから比較的近い所にあるので移動も苦にならないでしょう。

また、ちいさなお子様づれの場合は長い距離は大変ですよね?そんな場合は園内を運航している電気遊覧者を利用するとよいでしょう。電気遊覧者は1日周遊券が200円、1回乗車が100円とリーズナブル。

公園内の移動に大変便利です。ぜひ一度訪れてみませんか?

 

詳しくは『海洋博公園の公式ホームページ』まで!!

 

 

太陽・海』白い砂浜とコバルトブルーの海が美しい瀬底島!

 

 

本部町の瀬底島。コバルトブルーに輝く海と真っ白な美しい砂浜のある島です。

ビーチは2か所あります。

ここで、オススメのビーチを2か所紹介していきたいと思います。

1つ目『アンチ浜』

 

瀬底大橋の下にあるのはアンチ浜という浜辺があり、橋を渡ってすぐ左に曲がると行くことが出来ます。

橋を曲がると無料の駐車場もあるので駐車スペースは確保できそうです。橋の下には一日500円の駐車場があります。また、シャワーや売店などの設備もあります。

アンチ浜ではレジャーを楽しむことが出来ます。例えば、バナナボートやパラセーリングなどです。レジャー体験をさせてくれるショップへとお問い合わせくださいね。

瀬底ビーチマリンクラブ

オーシャンスタイル

 

2つ目『瀬底ビーチ』

瀬底ビーチは瀬底大橋を渡って奥の方にあります。

沖縄と言えば何といっても透明度の高い海!ですよね?その中でも瀬底ビーチは沖縄屈指の透明度の高さを誇っています。

白いサラサラした砂浜から見える透明度抜群の景色は最高です!

思いっきり海水浴を楽しむことが出来ますよ。

 

 

那覇空港から本部町への交通手段は?

 

那覇空港から本部町まで約90kmあるので交通手段も考えてた方が良いかと思います。

本部町への移動手段としては空港から高速バスが出ています。日帰り旅行にオススメです。

それ以外にもレンタカーを借りてドライブを楽しむことも出来ます。主な交通手段はレンタカーです。国道449号線から見える海は天気が良ければ絶好のドライブスポットなのでオススメですよ。

許田インターチェンジを降り、名護市内の一般道に入ってから国道58号線海沿いを進むと、国道449号線に入ることが出来ます。それから本部町へ行くことが出来ますよ。

今回紹介した観光スポットへ訪れてみてください♪

 

本部町へめんそーれー!(おいでください)

 

本部町産の海ぶどう、琉海(りゅうかい)もよろしくお願いします♪

海ぶどう琉海は、

おいしくて新鮮プチプチ食感を楽しめる海ぶどうを作っています。ここでネット販売を行っておりまして、全国の皆様へと新鮮なままお届けできます。

海の珍味をぜひ『琉海』から取り寄せてみませんか?ご注文お待ちしております。